どこか遠くへ(2001年)

Posted by shyiine Category: 歌詞

どこか遠くへ(2001年)

頼りない風の吹いてる丘で 夜が明けるまで笑っていたい
移りゆく時の早さに怯え 晴れ渡る空を不安げに見上げた

戸惑いの声に歩みを止めて 振り返ればそこに何があるというのだろう

消えかけた足跡にはいつか綺麗な花が咲く
満たされぬままの小さな花も 笑い飛ばそうどこか遠くへ

黄昏時の孤独な色に 未熟な心を重ねていた
そびえ立つビル、無数のネオン…眠れない街をひたすらに歩いた

閉じ込めた過去に背中を向けて 走り出すことに何の意味があるのだろう

消えかけた足跡にはいつか綺麗な花が咲く
満たされぬままの小さな花も 笑い飛ばそうどこか遠くへ

頼りない風の吹いてる丘で 夜が空けるまで笑っていたい
限りない空の青さに打たれ 生きる喜びとこの先の丘へ